男性の下痢について

今回は、男性の下痢について紹介していきたいと思います。
男性は女性と違って便秘ではなく、下痢に悩まされている人が多くなっているようです。
そして下痢になる大きな原因として、ストレスと食生活の2つがあげられます。

ストレスは、脳と腸は密接につながっているようです。腸には神経をたくさんあり、脳が感じたプレッシャーが自律神経をかいして腸に伝わってしまうのです。
そのプレッシャーが腸に伝わることで、運動異常が起こってしまい下痢になってしまうのです。

慢性化が続いてしまい、過敏性腸症候群になってしまう可能性があり、腸がいつもより敏感になっているので、少しのことでも反応してしまい、下痢や腹痛が起こってしまう可能性があります。

食生活に関しては、社会人になると特に多いのですが、仕事上の付き合いで、暴飲暴食をしてしまうことがあると思います。
アルコールや冷たい飲み物は脂っこい物を食べ続けていると、腸が消化不良を起こしてしまい、下痢になってしまうのです。

仕事をしていると下痢になると大変ですよね・・・
すぐにトイレに行けない時もありますし、お腹が痛いと仕事が集中できません。

なので出来るだけ下痢にならないようにすることが大切だと思います。
下痢を予防するのに最も効果があるのは、ストレスの解消と食生活の改善だと思います。
そして夏は暑いので、特に冷たい物を敏感に摂取してしまうので、消化不良になりやすいので、冷たいものばかり摂取しないように気を付けましょう。

af9920070410m

下痢が続いてしまうと、脱水症状を起こしてしまう可能性があるので、水分を含んだ食生活を送ることや、水分をこまめに摂ることが大切です。また適度な運動して、ストレス解消したりしましょう。夏は特に体力を消耗してしまう季節なので無理はしないでください。
例えば、エスカレーターを使っていたのを階段に変えるなどです。

そして下痢気味なのにトイレに行っても出ないという経験をしたことはありませんか?それはもしかしたら、過敏性腸症候群という病気になっているからかもしれません。
もしなっているかもと思ったら放っておかないでください。出来るだけ早く見てもらうことが大切です。
これは、検査では異常がなくても、腹部に違和感があったり、腹痛が感じて、下痢が長引くという病気だそうです。男性より女性の方が発症しやすいと言われています。慢性化してしまう前にしっかり治してあげるといいでしょう。

発症する原因は、消化管の運動の異常と消化官知覚の過敏と心理的な異常の3つが原因のようです。

また喜怒哀楽を上手に出来ない人も発症しやすいようです。喜怒哀楽の感情を失う人は、辛いというストレスを感じないために、さらにストレスを受けてしまうようです。
そのことで、身体が悲鳴を上げてしまうようです。

そして下痢の症状は、急に襲ってくるので、外出しているといつ下痢の症状が出るかと心配になってしまうと、その不安がストレスになってしまい症状がもっと悪化してしまう可能性があるのです。
治療は出来るようですが、完治することは少ないということを頭に入れておくといいと思います。

完治することはなくても、自分が出来ることはあると思うので、自分が出来ることをすると少しでも改善できるのではないでしょうか。
はやり自分の生活を見直してみることが1番大切だと思います。
ストレスを溜めないことや、しっかり睡眠を摂ること、疲労を溜め過ぎないことが大切で、アルコールの摂取する量を考えたり、香辛料を控えることを心がけましょう。
食物繊維を取ることが大切なので、どんどん摂取していきましょう。

ストレスの発散方法を見つけることも大切だと思うので、アルコールを飲むことで発散してしまうと逆効果なのでやめましょう。

カラオケにいったり、好きな趣味を見つけてみたりするといいと思います。好きなスポーツがあればそれをしてみるのもいいと思います。長時間する必要はないので、少しでも体を動かして汗をかけばリフレッシュできると思います。

またどうして大切な仕事があって、すぐにトイレに行けないという日があると思いますが、そんな時は、下痢止めを使うなどして乗り切るといいでしょう。
また心配の人は、下痢止めを常備しておきお守り代わりにいつも持っておくと、少しでも安心できると思います。

女性の便秘も大変ですが、男性の下痢も大変だと思います。女性も下痢になることはありますが、下痢は、本当にいきなりなのでいつ来るか予測が出来ません。
下痢の場合は、長時間我慢することは難しいですし、お腹が痛いので大変だと思います。

下痢に症状に襲われたら、すぐにトイレに行けるのが1番いいのですが、仕事をしているとかなかなそうはいきませんので、はやり下痢止めをいつも持っておくことが1番かと思います。

ですが頻繁に使いすぎてしまうのは、はやり良くないと思いますので、どうしてもという時だけ使うようにするといいと思います。

\