男性の下痢と女性の便秘について

今回は、男性の下痢と女性の便秘について書いていきたいと思います。

女性は便秘に悩んでいるのは昔からですが、最近では男性が下痢に悩んでいるようです。
女性が便秘になりやすいのは、排卵後に分泌される女性ホルモンのプロジェステロンが原因と言われています。
ちなみにプロジェステロンとは、水分や塩分を溜め込み、下痢が起こりやすくなります。他にも食欲旺盛になり、甘いものが食べたくなったりと、バランスが崩れてしまうことが多いのです。

生理前や生理の時に、プロジェステロンの分泌が無くなるかわりに、プロスタグランディンというホルモン様物質が分泌されるのです。
プロスタグランディンは、ホルモンに似た働きをする物質のことです。
この物質は、腸を収縮させ、下痢になりにくくするようです。

もう1つ女性が便秘になりやすい原因は、女性は男性よりも筋肉が弱いので、腸を動かすために筋肉が必要ですが、その筋肉が弱いことが原因と言えるのではないでしょうか。

ダイエットをしている女性は便秘になる人が多いと思いますが、それは、ダイエットをすることで筋肉が低下したり、食べるのを控えているせいで、食物繊維や水分が減ってしまって便秘を起こしてしまうのです。

女性は、このような原因が考えられますが、男性にはこのような原因になることはありません。
ホルモンの問題もありませんし、筋肉もありますし、食べる量も女性より多いです。そして女性はトイレを我慢してしまう傾向がありますが、男性にはその傾向が少ないのです。このようなことから男性は便秘になりにくいようです。

では逆に男性はどうして下痢になりやすいのかを書いていきます。
多く考えられているのが、男性はアルコールや冷たい飲み物を飲んだり、脂っこい物をたくさん食べることから消化不良を起こしやすいと考えられているのです。
男性は、仕事上の付き合いで飲みにいかなくてはいけないこともありますから避けられませんよね・・・

他にも、ストレスによる下痢もあるようです。下痢が慢性化してしまうと、過敏性腸症候群の可能性が高くなります。そして過敏性腸症候群に悩んでいる男性も実際にいるようです。

他にも脳が感じた不安やプレッシャーなどのストレスが自律神経を介して腸に伝わってしまい、腸の運動異常が生じてしまい下痢を引き起してしまうようです。

男性も女性もストレスが溜まらないようにすることが重要なのですが、ストレスをまったく感じないという人は、いないと思いますし、ストレスの要因になることを完全に取り除くことは出来ないと思います。そしてストレスが溜まらないという人は、なかなかいないと思います。

ストレスを溜めないように生活を見直してみるのもいいことだと思います。ですが、それでもストレスが溜めってしまう人もいると思うので、ストレスが溜めってしまったと感じた時は、自分なりにストレス発散方法を見つけ発散していくことが大切だと思います。

そして決してやってはいけないことは、ストレスが溜まったままにしないということだと思います。

Fotolia_70299319_S

なので、ストレスを溜めないためにも規則正しい生活をして、身体によい物を食べて、しっかり睡眠をとることが大切だと思います。
しっかり睡眠をとると、ストレスが溜まりやすくなってしまうので、身体を動かしたりしてぐっすり眠れるようにしましょう。

身体を整えれば、精神面でも回復することが多いのです。そしてそのこと自体がストレスの発散にも繋がります。

また腸内環境も整えてあげましょう。ストレス発散をアルコールを多く摂取してしまったり、コーヒーを多く飲んだり、好きな物ばかり食べてしまうという人は、腸内の悪玉菌が増えてしまうのです。

食事バランスをしっかり考えて腸内環境を整えることが大切です。ですが、どうしても時間がなくてご飯を作れないという人は、お弁当を買って食べるのはいいのですが、その時は、サラダや野菜ジュースをプラスしてあげるなどして、バランスを考えて買うようにしましょう。
他にも漬物やキムチも食べると良いようですので、漬物系が嫌いじゃない人は是非食べてみてください。

揚げ物やファーストフード、スナック菓子などの自分が好きな食べ物を減らしてあげる方が手っ取り早いですが、いきなり全部なしにしてしまうと、うまくいかず長続きもしません。
そして自分が好きな物を食べられないことにストレスを感じてしまうかもしれませんから、それならいい物をプラスしてあげた方がストレスを感じにくいと思います。
なので、腸に良い物を摂取すると考えると、ヨーグルトなどを食べると良いと思います。
他にも、乳酸菌が入っている物や、納豆菌が入っている物、野菜やビタミン系を摂取するといいでしょう。
このように男性の下痢と女性の便秘の原因がわかったので、それを理解して試してみることで、改善されるのではないでしょうか。

\