下痢や便秘が原因で過敏性腸症候群になる

現在は、下痢に悩む男性と便秘に悩む女性がいます。
一時的な下痢や便秘ならいいのですが、慢性化してしまうと、過敏性腸症候群になる可能性があるようです。

過敏性腸症候群は、検査をしても異常がないと出るようですが、長い間下痢や便秘が続いてしまうようなのです。過敏性腸症候群にかかる人の多くがストレスが原因だとされています。

過敏性腸症候群の主な症状は、腹痛の不調感、吐き気、ガスが多く出るなどが起こり、それと一緒に下痢や便秘を繰り返すようです。

このような症状がある場合は、病院に行き、症状を説明するといいでしょう。
また腹痛や便意の異常を起こす病気は、過敏性腸症候群の他にも色々あるようです。その中には、大腸癌のように早期の発見が必要な病気も含まれていますから、はやりこのような症状がある時は、放っておかずに早めに病院に行くことをおすすめします。
もし大腸癌だった場合に、発見が遅くなっては大変だと思います。

過敏性腸症候群は、下痢型・便秘型・下痢便秘交代型の3つがあるようです。
まず下痢型は、激しい腹痛があり下痢や軟便を1日に何回も繰り返すようです。朝食後などもそうですが、出勤途中や外出中もいきなり便意がくるようで、トイレの場所を常に気にしなくてはいけない状態のようです。そしてこの下痢型は男性に多いようです。

次は便秘型です。
便秘型は、腹痛が起こり、ですがトイレでの排便量は少ないようです。そして動物のフンのようなコロコロの小さい便しか出ないようです。この便秘型は女性に多いようです。

最後は下痢便秘交代型です。
下痢便秘交代型は、下痢や便秘を数日ずつ交代で繰り返すようです。全体的にはこの下痢便秘交代型が最も多いようです。

いずれのタイプも排便することで症状が改善されるようですが、ストレスを感じてしまうと、症状が悪化してしまうのが特徴とされています。

腸の動きは、自律神経でコントロールされているようです。人は食べ物を食べると消化・吸収されたあと、残ったものが腸の運動によって直腸に運ばれることで便意を感じるようです。自律神経がバランスが乱れると、腸がけいれんして排便リズムが崩れてしまい、腹痛が起きたり、下痢や便秘といった過敏性腸症候群の症状が出ます。

自律神経のバランスを乱す原因は、緊張や不安のような精神的なストレスのようです。このせいで過敏性腸症候群になってしまうことがあるようです。そしてこれが原因で過敏性腸症候群になってしまうと、「またなるかも」と思ってしまい、その不安な気持ちがもとで、また同じような症状が出て、繰り返し過敏性腸症候群になってしまい長期間これに悩まされてしまう人もいるようです。

そして過敏性腸症候群になりやすいとされている人は、まじめな人、几帳面な人、内向的な人がなりやすいとされています。このような人は、ストレスに弱いとされていて、なりやすくなってしまうようです。

日常的なストレスは中々なくすことが出来ず、ストレスが溜まった時にどのようにコントロールするかなどをしっかり考えて、ストレスを感じることが少なるようにしましょう。

趣味がある人は、空いた時間にそう趣味をしてみるなどして、ストレスを発散する。他には、生活リズムを整えたり、夜更かしをしないで十分に睡眠を摂るようにしましょう。

そして、まったく便意がなくても毎日自分が決めた時間にトイレに行くという習慣を作るといいでしょう。
また食事も時間を決めしっかり3食食べることと、便秘解消のために野菜や海藻などの食物繊維を多く摂るようにしたりバランスをしっかり考えて食事するようにしましょう。そして、脂っこい物やアルコール、冷たい物やカフェイン、檸檬、香味料は、腸に強い刺激を与える物、酸味が強い物はなるべく避けるように心がけましょう。

食事をする時は、腸に負担がかからないようにゆっくり噛むことと、時間をかけて食事をとるように心がけ、暴飲暴食は避けましょう。
暴飲暴食をしてしまうと、負担が大きく、普通の人よりも症状が起きやすく、その回数も増えるようです。

過敏性腸症候群の治し方は、症状が軽い人の場合は、腸の働きを整えるために整腸剤や消化官機能調整剤を使い治療していきます。

そして下痢の症状が強いという人は、下痢止めを使い、便秘が何日も続くという人は、便を柔らかくするための薬を使ったり、大腸を刺激し排便出来るようにする下剤を使うことがあります。

また不安でストレスが溜まってしまうと症状が悪化してしまうので、ストレスや不安を和らげるために、抗うつ剤や抗不安薬を使うこともあるようです。

男性の下痢型の人に使われるようになった薬を「セロトニン受容体拮抗薬」といいます。
セロトニンとは、腸を動かして下痢を引き起こすホルモンのことです。このセロトニンを阻害して、下痢を起こさないようにする薬だそうです。

過敏性腸症候群かなと思った時は、早めに病院に受診して悪化しないようにしましょう。

\